2006年 07月 12日
ディオニソス カベルネソービニョン 2001

a0082114_951537.jpg

プリカリのピノが女性的な繊細さのワインなら
こちらは対照的な力強く男性的なワイン
濃縮感があり、独特のクセもあるけれど
決して荒々しいわけではなく飲み応えは十分。

先日初めて飲まれた方が
「まるで高級なサンテミリオンのような味わい」
と評され
「贅肉の無いボクサー体型のような
洗練された引き締まった酸味とフィネス、かすかな土くささ、
まだまだ熟成をさせていたほうがいいのでは?」
という評価もありました。

例えるなら
プルカリは日本の雛人形で
ディオニソスはギリシャ・ローマの彫刻
というところでしょう

(写真は2003年のもの)
[PR]
by tishbite | 2006-07-12 10:53 | 味わいと評価
<< クリコヴァ スパークリング ク... プルカリ ピノノワール 2003 >>



モルドヴァ共和国(モルドバ共和国)とモルドヴァワイン(モルドバワイン)について

by tishbite
カテゴリ
全体
モルドヴァへ
夢の国
不思議の街角
モルドヴァの人々
ワイナリー クリコヴァ
ワイナリー プルカリ
ワイナリー ヘンチェスティ
ワイナリー ロマネスティ
ワイナリー ヴァリテリィ
モルドヴァ共和国について
味わいと評価
試飲会・イベント
モルドヴァワインを飲めるお店
じゃね会通信
未分類
以前の記事
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX