2006年 09月 05日
ある試飲会で
モルドヴァワインが世界のワインの味覚地図の
いったいどのあたりに位置するのかを確認したいと思い
色々な国の様々なレベルのワインを飲み比べている。

今回も100種類以上のワインが並ぶ試飲会で飲み比べてみることにした。

ところが始めてみると
あまりにも味わいが違う事に気がついて
比べる意味が無いことがわかった。。。

その会場内で比べるに値するものは
(味の傾向は全く違うが)
モーゼルのシュペトレーゼくらいだった。
ゼルバッハ・オスターのシュペトレーゼは
かなり甘いが、酸味が縁の下の力持ちのように味を支えていて印象的だった。
a0082114_16122548.jpg


確かにワインには色々なデザインのラベルがあって
それは見ていて楽しい。
でも、ワイン自体はそのラベルほど個性的とは言いがたい。
ラベルとワインの間には大きな乖離があると思う。

ワインには様々な風味のものがあるけれど
そのラベルほど自由には表現を変えられない。

グラフィックデザインを大量に印刷する事は容易いし
そういう変化を受け入れることに現代人は慣れている。
そしてそういう変化を楽しんでもいる。
味覚は視覚より保守的である。

決められた製造予算を
目立つグラフィックに投入すると
中身にこだわることは難しい。
結果的にラベルが違うだけの
似たり寄ったりのワインがゾロゾロできることになる。
それらは饒舌に繰り返される宣伝文句のベルトコンベアの上を
流れては消えていく…

そう思って眺めていると
並べられているワインが
儚いオモチャの国のもののようにも思えてくる。
a0082114_16381938.jpg

「色々なワインが飲みたい」という言葉の半分以上は
「色々なラベルが飲みたい」という意味なのかもしれない。

[PR]
# by tishbite | 2006-09-05 16:38 | 味わいと評価
2006年 08月 26日
大阪での交流会
大阪市内のホテルで開かれたギフト商品販売関係者の交流会で
モルドヴァワインが紹介されました
a0082114_16294830.jpg

リニューアルされたばかりのきれいなホテルの宴会場
a0082114_16362541.jpg

美しいグラス、やわらかな光、様々な料理、楽しい会話と交流
ワインはこういう場所で生き生きと輝きます。

たくさんの物語に彩られたモルドヴァワインは
用意されたグラスが足りなくなるくらいの大変な人気でした。

会場に人たちのワインへの興味が
堰を切ってあふれ出しているようにも見えました。

どんどん貧相で「健康」になっていく
日本のアルコール飲料に対する無意識の反動が
現れたのかもしれません。

[PR]
# by tishbite | 2006-08-26 16:46 | 試飲会・イベント
2006年 08月 12日
モルドヴァワインを巡る旅~依田純子写真集 その5~
モルドヴァ最大のワイナリー、クリコヴァ社
a0082114_19113676.jpg

そこには全長200kmに及ぶ世界最大の地下セラーがある
その入口は巨大生物の口の中のようでもある
中は光も音もさえぎられた視覚と聴覚の無重力状態
a0082114_19262593.jpga0082114_19272547.jpg

スパークリングワインの貯蔵
瓶内二次醗酵を行うシャンパーニュ方式
a0082114_1946777.jpg

a0082114_1952940.jpg

最近Zdob si ZdubのEverybody in the Casaという曲の
プロモーションにも使われたのはこのあたりだろうと思われる
比較的入口に近い所である
a0082114_1953658.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=6IFrakGsdvs&search=Zdob%20si%20Zdub

http://web.mac.com/yodajunko/
より
[PR]
# by tishbite | 2006-08-12 19:56 | じゃね会通信
2006年 08月 09日
モルドヴァワインを巡る旅~依田純子写真集 その4~
モルドヴァの人々
a0082114_23342227.jpg

ワインと農業の国モルドヴァ
労働人口の半分は農業に従事
a0082114_23361764.jpg

農家の人たちの表情は素朴で とても穏やかだ
a0082114_23394570.jpg



http://web.mac.com/yodajunko/
より
[PR]
# by tishbite | 2006-08-09 23:40 | じゃね会通信
2006年 08月 07日
モルドヴァワインを巡る旅~依田純子写真集 その3~
モルドヴァの料理
a0082114_14361587.jpg

土地が豊かで農業の盛んなモルドヴァ
季節の野菜は瑞々しく力強くおいしい。
春から夏にかけて毎日毎日、ネギ、トマト、キュウリ!
a0082114_1444440.jpg

肉料理はハムやサラミあるいはこのようなスープの形で
出されることが多いようだ。モルドヴァのボルシチ

穀物類はパンとママリガ
ママリガはトウモロコシを潰してお湯でかためた素朴な料理。
広がる緑の丘ではゆったりとした牧畜が行われており
牛乳はフレッシュで濃厚。乳製品の種類も多い。


http://web.mac.com/yodajunko/
より
[PR]
# by tishbite | 2006-08-07 15:00 | じゃね会通信



モルドヴァ共和国(モルドバ共和国)とモルドヴァワイン(モルドバワイン)について

by tishbite
カテゴリ
全体
モルドヴァへ
夢の国
不思議の街角
モルドヴァの人々
ワイナリー クリコヴァ
ワイナリー プルカリ
ワイナリー ヘンチェスティ
ワイナリー ロマネスティ
ワイナリー ヴァリテリィ
モルドヴァ共和国について
味わいと評価
試飲会・イベント
モルドヴァワインを飲めるお店
じゃね会通信
未分類
以前の記事
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX